2017年4月17日

岩田智子 陶展で、岩田さんご自身がお庭から持ってきてくれたハナミズキ。

岩田さんは常に「なんでこんなに花弁の先端が傷ついてるんだろう?」と思っていたそうですが、

実は花が開く前には、この花びら4枚が、2枚ずつ先端で繋がっている状態になっていることを発見。

それが、ぷつっと離れる時に出来るのかも。

二人で色々と推理をしていると、でもこんな花みたことがない、

もしかして花弁ではないのかも?

調べてみると、花弁だと思いこんでいたものは「総苞(そうほう)」と呼ばれる花序(複数の花の集団)を包んでいるものでした。

自然の機能美を知り、その後しばらくずっと観察してしまいました。

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年4月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

  • RSS 最新記事

  • knulpAA gallery

    東京都練馬区石神井町1-21-16 <google map>